So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎駿のアレンジ技術 となりのトトロ編② [映画]

さて、続きです。

読まずに、え?映画の話?と思われるかたもいるかもわかりませんが、そんなことはなく、ここではこれからもいろいろ本と絡ませていきます!







アリスのチェシャネコと、猫バスのほかにも、トトロには、いろんな作品から引っ張ってきた表現がある。

たとえば、まっくろくろすけのシーン。
めいとさつきが、戸を開けると、まっくろくろすけがぶわっとあふれ出ているあのシーンである。

あれは、佐藤さとるの、『だれも知らない小さな国』の一シーンを、真っ黒クロス家に置き換えて表現したものである。
th (1).jpg
それは、どんなシーンかというと、少年が、小人が住む家を作って、その家の戸を開けると、家の中にいたたくさんの小人たちが、いっせいにかくれる……というシーンである。

このシーンは、文章を読んだだけで、すごくイメージさせられるというか、非常にいいシーンなんですが、
宮崎駿はこの本を読んでいるのはわかってるんだけど、絶対にここを視覚化させたいと考えたに違いないと思うんです。

それが、まっくろくろすけのしーんで使われている。
僕は、この『誰も知らない小さな国』を読むまでは、そんなこと気づきもしませんでした。
だけど、読んだ人ならピンと来るはず。
ここは、小人をまっくろくろすけに置き換えて、映像という形で宮崎駿がアレンジしたのだ・・・と、わかっていただけると思う。

宮崎作品には、ほかにもそういう個所がたくさんあって、それがおもしろい。
見ている人は、たいてい元ネタを知らないから、アレンジしているとは気づかない。







でも、宮崎駿の大きな特徴は、このアレンジする力にあると僕は思っていて、それを映像として、繊細さと大胆さを持って圧倒的な表現として映し出すから、説得力があって面白い。

トトロ自体は、最初はミミズクだったが、これをどんどん変化(アレンジ)させて、トトロにしてしまう。
こういったことが、ほんとにうまい。それは、イメージ力に支えられているんだと思う。

トトロ編はとりあえずこんなところにします! ご一読ありがとうございました!

th (1).jpgまずは、この写真を見てほしい。


これは、ルイスキャロル原作、『不思議の国のアリス』に出てくる、チェシャネコである。
アリスといえば、だれもが知らないはずはない有名作であり、ディズニーの映画化も相まって、有名である。
最近は、ジョニーデップ主演の、『アリスインワンダーランド』という映画も作られた。
余談だが、この映画も続編ができるようである。

さて、本題は、宮崎駿原作『となりのトトロ』に、このチェシャネコが出てくることである。
その猫とは、言わずと知れた、猫バスだ。

猫バスの写真ははれないが、見た方は思い出してほしい。猫バスは、ほとんどいつも、にやにや笑っている。そして、映画の最後、にやにやを残して消えるわけである。

これは、チェシャネコそのものである。
チェシャネコはいつもにやにや笑い、そして、消える最後、にやにやだけを残して消えるのだ。
原作を読んだ方ならわかるだろうが、アリスはにやにやだけ残して消えてしまうチェシャネコを見て、
「にやにやだけのこすだなんて!」と、びっくり仰天の体である。

ここには、ルイスキャロルの遊びごころがある。
チェシャネコのもともとの由来は、英語で、チェシャーキャット(Cheshier cat)という表現が本当にあって、「わけもなくニヤニヤ笑う」という意味で使われているというところからきているのだが、ルイスキャロルは、そのことに注目して、にやにや笑いを強調しているのだ。
にやにやだけを残すだなんて、最近で言う、「ドーナツの穴だけ残して食べる)ようなものである。

さて、ぼくは、宮崎駿という人間に興味を持っていて、彼の仕事ぶり、発言、好きな本など、いろいろ調べた。
その結果、岩波少年文庫の100冊で、『ふしぎの国のアリス』が取り上げられているのに気づいた。
宮崎駿はアリスを読んでいることは間違いないだろう。つまり、宮崎駿は、「猫」と、「バス」と「チェシャネコ」を混ぜて、猫バスを作ったのである。


このように、チェシャネコと猫バスは、切っても切れない関係にある。
ところが、我々は、アリスをよく知っているくせに、猫バスをみても、「これはアリスから取ってきているのだ!」とは気づかない。僕自身、ずっとわからなかったし、まったくおかしな話だが、本当に、なかなか気づかないのだ。

なぜか。

ここからは個人の考察になるが、すなわち、猫バスには、バスという要素が非常に大きいからといえるだろう。
猫がバスに化けている! これはもう、びっくり仰天である。ほとんどだれも、考え付かない。
そしたら、もう、そのことが気になるのである。
あのおなかのなかはどうなってるのだろうか?乗れるのか?
そんなことばかり気になって、その猫が笑っていようが、消えようが、そんなことはあんまり気にならないのではあるまいか。
ちなみに、当時のバスの形はこんなだった。SS000016-1.jpg

あと、トトロも頻繁に笑っている。これも相まって、猫バスが笑うのは、自然なこととして受け止めてしまうのではないか。

このようにして、知ってか知らずか、宮崎駿は本当に巧みに「チェシャネコ」を「猫バス」に取り組むことに成功しているのである。つづく。


いろいろまとめ(^O^)
音楽(ピアノ)まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16

本まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16-1

文鳥まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-1

絵まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-2

宮崎駿のアレンジ技術 となりのトトロ編 [映画]

th (1).jpgまずは、この写真を見てほしい。


これは、ルイスキャロル原作、『不思議の国のアリス』に出てくる、チェシャネコである。
アリスといえば、だれもが知らないはずはない有名作であり、ディズニー映画化も相まって、有名である。
最近は、ジョニーデップ主演の、『アリスインワンダーランド』という映画も作られた。
余談だが、この映画も続編ができるようである。

さて、本題は、宮崎駿原作『となりのトトロ』に、このチェシャネコが出てくることである。
その猫とは、言わずと知れた、猫バスだ。

猫バスの写真ははれないが、見た方は思い出してほしい。猫バスは、ほとんどいつも、にやにや笑っている。そして、映画の最後、にやにやを残して消えるわけである。

これは、チェシャネコそのものである。
チェシャネコはいつもにやにや笑い、そして、消える最後、にやにやだけを残して消えるのだ。
原作を読んだ方ならわかるだろうが、アリスはにやにやだけ残して消えてしまうチェシャネコを見て、
「にやにやだけのこすだなんて!」と、びっくり仰天の体である。

ここには、ルイスキャロルの遊びごころがある。
チェシャネコのもともとの由来は、英語で、チェシャーキャット(Cheshier cat)という表現が本当にあって、「わけもなくニヤニヤ笑う」という意味で使われているというところからきているのだが、ルイスキャロルは、そのことに注目して、にやにや笑いを強調しているのだ。
にやにやだけを残すだなんて、最近で言う、「ドーナツの穴だけ残して食べる)ようなものである。

さて、ぼくは、宮崎駿という人間に興味を持っていて、彼の仕事ぶり、発言、好きな本など、いろいろ調べた。
その結果、岩波少年文庫の100冊で、『ふしぎの国のアリス』が取り上げられているのに気づいた。
宮崎駿はアリスを読んでいることは間違いないだろう。つまり、宮崎駿は、「猫」と、「バス」と「チェシャネコ」を混ぜて、猫バスを作ったのである。


このように、チェシャネコと猫バスは、切っても切れない関係にある。
ところが、我々は、アリスをよく知っているくせに、猫バスをみても、「これはアリスから取ってきているのだ!」とは気づかない。僕自身、ずっとわからなかったし、まったくおかしな話だが、本当に、なかなか気づかないのだ。

なぜか。

ここからは個人の考察になるが、すなわち、猫バスには、バスという要素が非常に大きいからといえるだろう。
猫がバスに化けている! これはもう、びっくり仰天である。ほとんどだれも、考え付かない。
そしたら、もう、そのことが気になるのである。
あのおなかのなかはどうなってるのだろうか?乗れるのか?
そんなことばかり気になって、その猫が笑っていようが、消えようが、そんなことはあんまり気にならないのではあるまいか。
ちなみに、当時のバスの形はこんなだった。SS000016-1.jpg

あと、トトロも頻繁に笑っている。これも相まって、猫バスが笑うのは、自然なこととして受け止めてしまうのではないか。

このようにして、知ってか知らずか、宮崎駿は本当に巧みに「チェシャネコ」を「猫バス」に取り組むことに成功しているのである。つづく。


下の記事もよかったらのぞいて行ってね(^O^)
音楽(ピアノ)まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16

本まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16-1

文鳥まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-1

絵まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-2



スポンサーリンク



ブログを作る(無料) powered by So-netブログ スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。