So-net無料ブログ作成

電車の男

スポンサーリンク





怖い話「電車の男」






あれは、去年の夏のことだった。
私は、仕事が終わり、いつもの通り電車に乗り込んだのだ。


その日は、仕事がなかなか終わらず、残業に残業をかさねた挙句、終電だった。
駅の中は人もまばらで、そのまばらな人たちが皆、私とは反対方向の電車に乗り込んだ。
いつものことだ。
私は、ベンチがあいたので、そこで電車を待つことにした。
ベンチは3つ席があって、ひとつあけて、もう一人、男が座っている。
40代後半といったところだろうか、頭に白髪が混じっている。

男は、疲れて寝ているのか、うつむいている。私は、特に気にかけなかった。

ホームを見渡すと、ほかには誰もいない。どうやら、ワンマン列車のようだ。私は気をよくした。

やがて、電車が来て、私は乗り込んだ。一番前の車両だ。
男も、電車が来たことに気がついて、ぱっと顔を上げると乗り込んだ。
終電ということもあり、車両の中は私とその男だけだった。前の窓からは、車掌が運転しているのが見える。

私は、男が、またすぐに寝始めるだろうと思ったが、どうしたわけか、空いている席にも座らず、じっと扉の前の窓のそばで、張り付くようにして立っている。
私は、変なやつだな・・・と思ったが、酒にでも酔って気持ち悪くでもなったのだろうと、さして気にせず席に座った。到着駅まではまだ8駅もある。私はすぐさま眠り込んだ。


どれくらい経ったろうか。電車が止まり、ふと目を覚ますと、ぼんやりした頭で車内を見渡した。
もし乗り過ごしたりしたらとんでもないことだ。
私はホームを確認した。大丈夫、まだ三駅目だ。

と、男が目に入った。
なんと、まだ立っている。
私は少し気になって、男の様子を観察した。会社勤めでもないらしく、私服で、服もなんとなくみすぼらしい。出かけてたんだろうか。

その時、男が手に何かを持っているのを見つけた。ノートのようだ。
男は、そのノートになにやら書き込んでいる。

メモでも取ってるんだろうと思ったが、すぐに、それは間違いだとわかった。男は、なぜだかわからないが、ことあるごとに電車の外に目をやっているからだ。

(窓の外の景色を描いてるのか?)

だが、それもおかしな話だ。電車はものすごい速さで走ってるし、おまけに外は真っ暗だ。
とすると、どうして・・・・・・。



その時、ふと、窓越しに男と目があったような気がした。
私はギョッとして男を見たが、男はすぐにノートに視線を移し、書きなぐっている。

(気のせいか?)
私は、しばらく窓のほうへ視線を向け続けることにした。男がもしこちらを見たら、すぐにわかるはずだ。それに、こちらを見てるだなんて、気のせいだ・・・・・・。

だが、もし気のせいでなかったら? なぜこっちを見てるんだ?
体から嫌な汗が出てきて、ひざが震えていたが、私は、窓から目をはなせなかった。
わずかな時間のはずなのに、とてつもなく長く感じた。

男の手が止まった。そして、男は、窓の方へ顔を向けた。

男の視線が、こちらへ向いた。私は思わず、息をのんだ。
間違いない、こちらを見ている!


ところが、男は私の視線に気づかなかったのか、それとも気づかないフリをしたのか、
すぐにまたノートに向かって書き始めた。

だが、私は確信した。間違いなく、あの男は、私を描いているのだ!

でも、どうして描いているんだろうか? 
電車の中で、窓越しに絵を描くなんて、そんなことをするやつは今まで見たことがない。
それだったら、窓越しにならず、こちらを見て書けばいいではないか?

そう考えて、すぐに気づいた。
(そんなことをすればすぐに気づかれて逃げられるし、下手をすれば警察沙汰だ。
でも、窓越しなら気づかれにくい。それに、夜じゃないと窓は反射しない・・・。
変な趣味で、こういうことをしてるんだろう)

そう考えると、わたしは合点がいって、変な恐怖感がするすると解けていくを感じた。
でも、変なやつには間違いなく、このまま描かれるのは気持ちが悪い。
私は、すぐにでも席をはなれたかった。だが、少し気になることがあった。
さっき、男がこちらを見た時、なにか違和感があったのだ。


私は、寝たふりをして胸の前でうでをくむと、窓を見ていた。
すると、やがてまた男と目があった。やはりこちらを見ている。
男は、寝たのに安心したのか、さっきよりじっとこちらを見ていた。
私は居心地の悪さを感じたものの、がまんしていた。

と、先ほどの違和感の原因に、ハッと気がついた。
男は、ずっと私の方を見てはいるが、どうも、視線は私の頭より少し上にあるのだ。
頭の上といえば、ただ窓があるだけだ。どうしてそんなところを見てるんだろう。
窓なんか、それこそ、描くようなものじゃない。

私は、気になって何度も男を盗み見たが、男はやっぱり、窓から視線を動かさない。

そうこうするうちに電車が速度を緩め、四駅目についた。
扉が開き、それと同時に、男は書くのをやめた。

「電車行き違いのため、3分ほど停車します」

車内アナウンスが流れた。私は、居心地の悪さを感じた。
と、男が、ホームに降りた。何か、飲み物でも買うらしい。

私は、何だか気になった。そういえば、さっきから喉が渇く。飲み物でも買おう。

私は、つられるように立ち上がると、ホームに降りた。

すぐに男を探すと、思った通り、自販機の前にいた。
男は、自販機の前で、じっとしている。何を買うか、迷っているんだろうか。

と、男は、さっきのカバンからノートを取り出した。
そして、そのノートに、熱心にまたなにか描いていた。

(何を描いてるんだろうか?)

私は、猛烈に好奇心を掻き立てられ、音を立てないよう、こっそり近づいて行った。
男は全然気づかない。

心臓がはげしくうった。男はまったく気づかない。
そればかりか、ペンを走らせるその眼は、狂気じみていた。

私は、怖いのを我慢して、男の肩越しに回り込んだ。大丈夫、男は書くのに夢中だ。
私は、そのままそろそろと近づいて行った。そして、つま先をたて、
そっとノートをのぞきこんだ。











「見たな」







急に、男が手をピタリと手を止めて言った。


(気づかれた!!)

私は今にも心臓が破裂しそうになって、後ずさりした。
何か言わなければ・・・!


「い・・・いえいえ!なにも見ていません!」


男は、まだじっと動かない。私は、とてつもない恐怖を感じていた。

ふと、ノートがパタンと閉じられた。そして、男は振り返った。真顔だった。
男は、怪しむように私を見た。時間が止まったかのようだった。




「そうですか」


男は、今までの真顔が嘘のように、唇をキュッとあげて、急に笑顔を作った。
だが、その作り笑顔はまるで能面の笑いのようで、私はぞっとした。


男はそれだけ言い残すと、また電車の中に戻っていった。



私はホッとして、今まで止めていた息をはいて、それから荒く呼吸した。
私が言ったことは嘘ではなかった。あと一歩というところで、見えなかったのだ。

(どうしようか。もう戻らなきゃならんが・・・。)

私は、じっとそこに立っていた。今戻るのは恐ろしかった。
気まずいどころの話ではない。
でも、電車に戻らないわけにはいかない。なにしろ、終電なのだ。


私は、迷った挙句、電車が出る間際になって、二つ後ろの車両に乗り込むことにした。
ここなら、あの男と鉢合わせせずに済むだろう。

そうたかをくくって移動すると、車両の中をのぞきこんだが、案の定だれもいなかった。

「発車します」

律儀にも、駅員がピィーッと笛を鳴らした。私は慌てて乗り込んだ。


車両の中は静かだった。そりゃそうだ。
この電車の中には、私とあの男しか乗っていないのだから・・・・・・。


私は、できるだけ真ん中に座って、ちらちらと前の車両に目をやった。
大丈夫、こちらへ来るような気配はない。

私は、考えを整理することにした。

あの男は絵を描いていた。それは、疑いようはない。
だが、私の絵ではなく、視線は他へいっていた・・・・・。
一体、何を描いていたのだろうか? それがわからない。
そして、今あの男は前の車両にいる。もう絵を見ることはできないだろう・・・。
あの男はまだ描いているだろうか?


そう思うと、どうしても気になってきた。もちろん、絵は見ることはできないだろう。
でも、まだ描いているのかどうかだけでも確かめてみたい・・・・・。
私は、ゆっくりと、前の車両のすぐそばまでくると、
連結器のドアの窓から、一両前の車両をうかがった。大丈夫、ここにはあの男はいない。
だが、当然、ここからは、もう一両先は見えない。


私は、おそるおそるドアを開けて、前の車両へと移った。
相変わらず、静かだ。

私は、またゆっくりと歩き出した。何度か引き戻そうかと思ったが、どうしても気になってしまうのだ。
(大丈夫、連結器の窓越しに、あの男がいるか、まだ描いているのかだけ、確認するだけだ)


私は、そう思って、また車両の前の方へと歩いて行った。

連結器の前まで来ると、汗はびっしょりだった。あの、ただならぬ男に気づかれてはならない。
そう思うと、おそろしくてたまらなかった。

だが、私は、そっと窓に顔を近づけた。




・・・・・・いない。
どこにも、いない・・・!


目を疑った。いるはずの男が、どこにもいないのだ。
どうしていないんだ!?


私は、恐怖に駆られて、猛烈に頭を動かした。

(さっき私と男がいたのは、一番前の車両だ。だから、これより前には車両はない。考えられるのは、あの男が、さっきのひと悶着の後、気づかない内にまた駅へ降りたか、それとも、私がぼんやりしているうちに、電車の中を歩いて、もっと後ろの車両へ移動したかだ・・・・・。)

どちらもあり得るにはありえたが、後者の方が可能性は大きかった。
なにしろ、私は男が電車の中へ入るのを見た後、ぎりぎりになって電車の中に飛び込んだのだし、もしあの男がまた駅へ降りるというのなら、さすがに気がつかないはずはなかった。
それに、また入ってまた降りるなんて、普通じゃあり得ない。



とすると、男は、後ろの車両にいたのだ・・・・・!!



私は、わけもなく恐怖に駆られ、もう一度前の車両の中に男がいないのを確認すると、
後ろをふりかえってから、すぐに一番前の車両へ移動した。

なんとも、気味が悪かった。


車両の中には、やはり誰もいなかった。私は、急いで前へと移動した。


と、その時、私は床にノートが落ちているのを見つけて、ギョッとした。
これは、さっきまで、あの男が手にしていたノートではないか?
どうしてここにあるんだ?


私は、不気味さと好奇心とで、心臓が、これ以上ないほど高鳴り始めた。
見るなら今だ。まだ、あの男がこちらへくる気配はない。



私は、さっとノートを拾いあげると、服の中にしまった。
そして、きょろきょろとあたりをうかがった。誰もいない。


私は、席に座ると、後ろの車両に全神経を集中させつつも、そっとノートを開いていった。


ノートは、白紙が続いた。と、あるページで、見覚えのある男が描かれていた。

私だった。


だが、私は、そこに描かれていたあまりの恐ろしさに、息をのんだ。


私の座っていた後ろの窓の外に、白い服を着た女が立っていて、じっと私を見下ろしているのだ。



全身に鳥肌がたって、私は思わずノートを投げ捨てた。
男は、これを描いていたのだ・・・私に憑りついていた、女の霊を!!



私は、ふと、後ろが気になった。今座っているのは、ちょうどさっきと同じところだ・・・。





もしかして・・・・・。
もしかすると・・・・・・。


私は、思わずうつむいた。


顔が真っ青に引きつった。



今までノートで見えなかったが、もしかしたら、前の窓には、女が映っているのではないか!?

そして、今も私を見下ろしているのではないか?



私は、ガタガタ震える足をそのままに、じっと床を見ていた。


顔をあげてはならない。
もし、そんなことをすれば・・・・・・。







私は、ひたすら念仏を唱えた。何事も起こらない。














と、その時だった。すぐ上の方から、男の声が聞こえた。































「見たな」















______________________________________________________________





いかがだったでしょう。夏ということもあって、怖い話を書いてみました笑



全部、創作ですので、ご安心ください!!笑


たまにはこういうのもいいかな、と思って、書いてみましたが、
こわがりなんで、自分で書いててめちゃくちゃ怖かったです笑

想像力が、補っちゃうんですね、文章を笑


こわかった、こわくなかった、つまらなかった、おもしろかった、など
感想いただければ、とてもうれしいです!ψ(・ω・ψ)

なんか、さいきんこわいはなしをみて、眠れなくなる、ということが良くあります笑
でも、見ちゃうんだから不思議ですね。




ポッケちゃんは元気です笑




下の記事もよかったらのぞいて行ってね(^O^)
音楽(ピアノ)まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16

本まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16-1



文鳥まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-1

絵まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-2




タグ: 幽霊 怖い話
nice!(288)  コメント(46)  トラックバック(0) 

nice! 288




コメント 46

繭

台風15号接近中。今日、明日は気温も低めなんですが、さらに寒~くなりましたよぉ。。
by (2015-08-25 01:47) 

johncomeback

怖かったです(^^)ニコ
by johncomeback (2015-08-25 05:34) 

re-ichi

通勤電車で読みました。
夢中になって、乗り越しそうになりました(^_^;)
by re-ichi (2015-08-25 08:33) 

kawasemi

ついつい、読みました。
by kawasemi (2015-08-25 09:24) 

mitu

スゴク恐かった~!小説家の才能もお持ちなのですね~(・。・;スバラシイ!
by mitu (2015-08-25 09:46) 

JUNKO

どこまで続くのだろうと思いながら、最後まで「見ちゃいました」
by JUNKO (2015-08-25 11:26) 

ぼっこ

ありそうで、怖いお話しでした^^
by ぼっこ (2015-08-25 11:44) 

みぃにゃん

怖いですねぇ~電車の空いてる終電近いのは遠慮したいです!
by みぃにゃん (2015-08-25 12:38) 

saia

こんにちは初めまして。
ピアノを弾いて絵を描いて、ショートショートまで書かれるのですね。
多才で凄い!
「電車の男」ちょっと怖くて面白かったです。
ポッケちゃん可愛い〜( ´ ▽ ` )ノ

by saia (2015-08-25 14:49) 

花好き人

ノートに何が描かれているか気になって
どんどん読み進めていきました~
文才もおありなんですね
ピアノ、絵と多才なんですね~
by 花好き人 (2015-08-25 16:47) 

NONNONオヤジ

今夜寝る前、灯りを消した後で、部屋の窓の外を確かめた方が
いいかもしれませんよ。
青白い顔をした女が部屋の中をそーっと覗きこんでいないかどうか……。
こういう話に、つい引き寄せられてやって来ないとも限りませんから。
by NONNONオヤジ (2015-08-25 18:48) 

rappi

今日は涼しいですが、さらにぶるっとしました。
怖かったですが、面白かったです。^^
by rappi (2015-08-25 20:50) 

よーちゃん

こわかったです!
電車に乗るときに思い出したらどうしましょう・・・(寒)
かおたん
by よーちゃん (2015-08-25 21:38) 

ミケシマ

いま、朝の4時…
夫が別の部屋で寝ているので一人ではありませんし、丑三つ時も過ぎていますが…
外はまだ真っ暗、台風の影響で外は激しい風の音。
途中からなんとなく結末がわかりましたがそれが更に怖さを倍増させはっきり言って心臓のドキドキがすごいです。
超怖かった…
今もまだ後ろを振り向けません コワイ…
by ミケシマ (2015-08-26 04:16) 

逆襲のXPERIA

おはようございます。
訪問&nice有難うございます。
by 逆襲のXPERIA (2015-08-26 06:35) 

ぽちの輔

ついつい引き込まれちゃいました。
実際に起こったらとっても怖いですね^^;
by ぽちの輔 (2015-08-26 06:40) 

リュカ

こういうお話大好きです^^
面白かったです!!!
by リュカ (2015-08-26 09:36) 

akanenosora

ご訪問ありがとうございました。
久し振りにピアノ曲を聴かせて戴き心地よかったです^^
by akanenosora (2015-08-26 12:05) 

長友

怖かった~(-_-;)

怖くて読むのを止めようと思いながら
引き込まれてしまいました。


by 長友 (2015-08-26 16:57) 

ちゅんちゅんちゅん

こんばんは!
イキオイがあって 面白かったです~(^^)
怖い話は好きなので✿
by ちゅんちゅんちゅん (2015-08-26 19:21) 

みかん

うわぁ 怖かった。。。
創作で良かったです(笑)
ショートストーリーの才能がありますね!
by みかん (2015-08-26 22:15) 

藤並 海

ドキドキしながら読みました
面白かったです!
by 藤並 海 (2015-08-26 23:31) 

ジョナサン

繭 さん
台風は、いつも危険ですね。外になどでないよう、気を付けたいものです。
by ジョナサン (2015-09-01 18:41) 

ジョナサン

johncomebackさん
ありがとう(^^)ニコ
by ジョナサン (2015-09-01 18:42) 

ジョナサン

re-ichiさん

夢中になって読んでいただき、ありがとうございます。
とてもうれしいです!笑
by ジョナサン (2015-09-01 18:43) 

ジョナサン

kawasemi さん

ついつい読んでいただき、しかもコメントまでいただきありがとうございます!(*^_^*)
by ジョナサン (2015-09-01 18:44) 

ジョナサン

mitu さん

こわかったですか! よかったですш(`∀´)шウキキ

ありがとうございます。ついに、目覚めし力が解放されたというわけですね!笑

by ジョナサン (2015-09-01 18:47) 

ジョナサン

JUNKO さん

さいごまで、見ちゃいましたか・・・・・・。ありがとう。




「見たな」


ヽ(^。^)ノ
by ジョナサン (2015-09-01 18:48) 

ジョナサン

ぼっこ さん

あったら、いやですねー苦笑

でも、ありそうというのは、こういう話を描くうえで、大事なのかなと思いました。ありがとうございます笑
by ジョナサン (2015-09-01 18:49) 

ジョナサン

みぃにゃん さん
コメントありがとうございます。
終電ってだけで、なんか異様な雰囲気あるときありますもんね。
気を付けたいものです・・・・・ш(`∀´)шウキキ
by ジョナサン (2015-09-01 18:51) 

ジョナサン

saiaさん
はじめまして。絵もかきます笑
とはいえ、最近書いてないなあ・・・。
ポッケはとてもかわいいです! ありがとう^^
by ジョナサン (2015-09-01 18:55) 

ジョナサン

花好き人さん
ノートに何が書かれているのか、気にしてほしいと思っていましたから、きにしていただけてうれしいです笑

確かに、幅広くやってますね笑
by ジョナサン (2015-09-01 19:59) 

ジョナサン

NONNONオヤジ さん
こわいこと言わないでください・・・・・・笑
by ジョナサン (2015-09-01 20:02) 

ジョナサン

rappi さん
素直にうれしいです。ありがとうございます^^
by ジョナサン (2015-09-01 20:09) 

ジョナサン

よーちゃん さん

電車の男に、近づいてはいけない・・・。ш(`∀´)шウキキ
by ジョナサン (2015-09-01 20:10) 

ジョナサン

ミケシマさん
それだけ怖がっていただけたのなら、書いた甲斐があるなと、うれしく思います笑

おそらく、こういう怪談って、想像力が豊かな人ほど、楽しめるんだろうなと思っています笑
まあ・・・、楽しいのかこわいのか、わかりませんが・・・笑
by ジョナサン (2015-09-01 20:13) 

タッチおじさん

グイグイ引き込まれますね!
素晴らしいです・・・少しでいいから才能を
分けていたたきたい。
by タッチおじさん (2015-09-02 13:31) 

ジョナサン

逆襲のXPERIAさん
こんばんは。こちらこそ、niceありがとうございます。
by ジョナサン (2015-09-05 21:56) 

ジョナサン

ぽちの輔さん

読んでいただきありがとうございます。
こわいですね!><笑
by ジョナサン (2015-09-11 17:11) 

ジョナサン

リュカ さん
そうなんですか^^
僕も好きです!笑
by ジョナサン (2015-09-11 18:21) 

ジョナサン

長友さん
返信おそくなりました><
読んでいただきありがとうございます。そういっていただけると、うれしいです^^
by ジョナサン (2015-09-24 05:18) 

ジョナサン

akanenosoraさん
返信遅れました<(_ _)>
ピアノ、きいていただいて、ありがとうございました。
これからも練習を続けたいと思います!笑
by ジョナサン (2015-09-24 05:20) 

ジョナサン

ちゅんちゅんちゅん さん
こわいはなしすきなんですか^^
おんなじですね笑

こわいですよね><笑
by ジョナサン (2015-09-24 05:28) 

ジョナサン

みかん さん
返信遅れました><
ありがとうございます。
だいたい創作だと思うんですが、こういうことが実際にあったらシャレになりませんね笑
by ジョナサン (2015-09-24 05:31) 

ジョナサン

藤並 海 さん
返信おそくなりました。
読んでいただいてありがとうございます^^
そういっていただいてうれしいです
by ジョナサン (2015-09-24 05:44) 

ジョナサン

タッチおじさん さん
へんしんおくれました><

そういっていただくと、書いた甲斐があります!
残念ながら、わけることはできませんが笑、また何か書きたいなと思います^^
by ジョナサン (2015-09-24 05:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク



ブログを作る(無料) powered by So-netブログ スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。