So-net無料ブログ作成

12 『宇治拾遺物語』 作者不詳 [本]

スポンサーリンク



th (20).jpg
宇治拾遺物語は、説話集だ。
説話集っていうのは、まあ、簡単にいうと昔話で、古今東西のいろんな話がのっている。

高校の古文の教科書なんかで、よく取り上げられていて、清水寺から男が飛び降りる話だとか、
イモの好きな人の話とか。

芥川龍之介が、この宇治拾遺物語を題材として好んで取り上げ、「地獄変」「羅生門」「鼻」「龍」あたり書いたのは有名だ。

かくいう僕も、宇治拾遺物語が好きだ。当時の風俗というか、人間が、如実に描かれている。
それは、最近のデフォルメーションされたアニメには見られないから、読んでいて面白い。

特に好きなのは、巻第十の六「あずま人いけにえを止むること」
猿神を男が退治し、いけにえの制度をやめさせ、村を危機から救うという、スサノオのような男の話である。
th (21).jpg

この話は、今昔物語集にもおさめられているが、なんともドラマティックであり、それと同時に、
神というものがどのようにしてまつられていたのか、そして、信仰がどのように変容するか、ぼんやりとわかる。






つまり、男が猿神を「神」ではなく、ただの「猿」として扱うことで、自然への崇拝、信仰は薄れ、逆に、その自然を支配する男の能力(人間の理性)を信望するようになるのである。


神殺しのモチーフは「もののけ姫」でもあったが、神を殺すことで、人々の精神が、近代化へと向かう。
その過程が物語として描かれていることに、大きな意味を感じる。


宇治拾遺物語

宇治拾遺物語
価格:967円(税込、送料別)


いろいろまとめ(^O^)
音楽(ピアノ)まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16

本まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16-1

文鳥まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-1

絵まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-2

nice!(82)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 82




コメント 5

リュカ

こんにちは。
じっくり読んだことはないです。読んでみたくなりました。
by リュカ (2014-08-25 09:22) 

ジョナサン

リュカさん
ぜひ、読んでみてください。おもしろいですよ。
by ジョナサン (2014-08-26 23:19) 

あとりえSAKANA

学生時代に授業で・・・。
もうすっかり忘れてしまいました
((+_+))
by あとりえSAKANA (2014-08-29 23:42) 

koten

こんにちは。ご訪問ありがとうございました。
古文はメチャ苦手でしたねぇ(汗)。でも何か、年齢を重ねてくると、だんだん古典的なものや形式美的な世界に惹かれていきますね、不思議です。スッチャカメッチャカ何でもありの現代だからこそ、余計にそうなるのかも知れないですが。。
by koten (2014-08-30 11:54) 

伊閣蝶

宇治拾遺物語、大正15年10月に有朋堂書店から出版された本をもっており、時折読みながら楽しんでおります。
今昔物語もそうですが、現代では貴重な読み物だと感じます。
難しいことは抜きにして、とにかく楽しく読めることが最高ですね。

by 伊閣蝶 (2014-09-09 08:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク



ブログを作る(無料) powered by So-netブログ スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。