So-net無料ブログ作成
検索選択

③『注文の多い料理店』 宮沢賢治著 [本]

スポンサーリンク



th (3).jpg
言わずと知れた、宮沢賢治の名作だ。

宮沢賢治というのは、本当にえらいと思う。すごい。

何がすごいかっていうのは、一言では言い表せないが、偉い人であると思う。尊敬できる。

だけど、そんな偉い人だからと思って、かしこまって読むような本ではない。
それがすごい!すごいのだ!笑

さて、注文の多い料理店は、小学校教科書に載っている。
このブログでは、結構有名どころのほんを紹介したいとおもう。
(もちろん、マイナーな本も読んでいるので、それも紹介するつもりです。)

というのは、コメントをいただいたりすれば、その本については為したりすることができるし、また、感想を言い合ったりもできる。だけど、それには、同じようにその本を読んだことがないとできない。

そういうわけで、まずは、みんなが知っているようなものを取り上げたい。

さて、注文の多い料理店だけど、この話は、最初読んでみて、どう思っただろうか?

怖いと思っただろうか?それとも、面白いと思っただろうか?
あるいは、獲物を捕りに来た猟師が、逆に料理されるという展開に、痛烈な皮肉を受け取っただろうか?

人それぞれだと思う。
それが面白い点でもあるが、もう一つ、一番大事な点、それは、読んだ後に残る、何とも言えない読後感である。


アニメでも漫画でも、見たり読んだりした後に、なにか、ジワーッと残るものがあることがあると思うが、宮沢賢治作品にはそれがある。
宮沢賢治が、そのことを意図したかどうかはわからないが、僕が読んだ限りでは、彼の作品にはほとんど、そういう傾向がある。

これができるというのは、なかなかすごいことだと思う。つまり、読者に何か感じさせたわけだ。

知識とか、ためになったとか、そういうことではない。その本から、なにか、受け取ったのである。

つまり、宮沢賢治は、私たちに何かを渡したのだ。

なにか?

それは、たぶん言葉では言えない。言葉では言えない何かだ。たぶん、適当に説明をつけることはできる。でも、それは、本当に説明にはなっていない。心で感じた部分なのだ。

そういう風に感じるように、賢治は、文章で表現してしまっている。賢治の魂がこもっているのだ。


 【新品】【書籍・コミック えほん・児童・図鑑】注文の多い料理店 イーハトーヴ童話集
いろいろまとめました(^O^)
音楽(ピアノ)まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16

本まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-05-16-1

文鳥まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-1

絵まとめ
http://op63op29pia30845.blog.so-net.ne.jp/2015-07-08-2
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(2) 

nice! 8




コメント 2

hnhk

nice&ご訪問ありがとうございます。アラフォーになってから宮沢賢治の選集を読み返してみると、小学生の時よりもグッと染みてくるものがありましたよ(^^)
by hnhk (2014-09-18 18:45) 

desidesi

子供の頃読んだ絵本の記憶が強烈に残っています。
やはり、日本を代表する作家だと思います。
by desidesi (2014-11-15 21:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク



ブログを作る(無料) powered by So-netブログ スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。