So-net無料ブログ作成
検索選択

①『怪盗ルパン』 ルブラン著 [本]

スポンサーリンク



怪盗ルパンをよんだ。ルパン三世で有名であるが、こちらの原作を読んだ方は少ないのではないだろうか?

そこで、この原作ルパンの簡単な紹介をやってみたいと思う。

まず、原作ルパンには、相棒といわれる人物は、めったに登場しない。ほとんどは、ルパン単体の行動である。
そして、ルパンは変装の達人であり、国籍不明、謎の人物である。

ルパンは、不正蓄財者から宝物をちょうだいする。その手際の鮮やかなことと言ったら、カメレオンも舌を巻くほどである。そして、ルパンは大衆の人気者である。






しかし、ルパンにも弱点がある。それは、自分が盗人であるために、それを引け目にかんじ、うまく恋愛ができないということだ。

ルパンは、自分の正体を隠すことはできるが、親密になるにしたがって明かしてしまったり、あるいは、警察にとらえられて正体があらわとなる。すると、悲恋になってしまうわけである。

もっとも、僕は読んだのは、第一作の『怪盗ルパン』(何作目か不明だが)『ルパンの告白』のみであるから、これからまだまだ面白い恋愛事情は明らかになっていくだろう。

作者ルブランは、このルパンに置いて、非常に独創的なトリックをいくつも使っていて、それは現在においても優れたトリックとして使用されているという。某モンキー何たら氏も、ルパンをお手本にしている話がいくつもあるが、そのどんでん返しの展開には、やはりカメレオンが舌を巻くのである!
th.jpg
ルパンの魅力は、盗みの手際の良さ、トリック、人間ドラマ、また、ルパンそのものの魅力というう風に考えられるだろうが、この、ルパンの魅力というものについて考えてみたい。

まず、このルパンの魅力は、いったい誰なのか、皆目見当つかないということ、そして、変装、手品、盗みの達人であるということ、やり遂げると決めたことは必ずやり遂げるということなど。





ここでは、ルパンの魅力の、なぞの部分について考えてみたい。
ルパンのなぞとは、だいたい

ルパンとは何者なのか?
どういうところで生まれ、親は誰で、いつどこで盗みを覚えたのか?
どこに住んでいて、恋人はいるのか?その資産はどれほどのものなのか?
これまで、どのような事件に関わり、また解決してきたのか?

このような点である。
ところが、これはルパンに限った話ではない。
我々は、99.99999%の人間について、何も知らないのである。
その人はどこで生まれ、どういうふうにそだったか?
何をしているひとなのか?
結婚しているのか?
どこに住んでいるのか?

駅で出会う人のうちのだれも、どんなことも知らない。わかるのは、大体の年齢と、性別くらい。

そういう意味で、実は、なぞというのはありふれているのである。

作者の優れている点は、この謎を引き立たせ、読者をあおっていることだ。
読者は、何が何でもルパンのことについて知りたくなる。どういう人間なのか、ところどころに見え隠れさせることで、ルパンへの好奇心をあおるのである。

これが、ルパンがフランスにおいて、多大な人気を勝ち得た一つの理由であると思う。


タグ: ルパン なぞ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 4




コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク



ブログを作る(無料) powered by So-netブログ スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。